『20歳のソウル』Production Notes

カテゴリー:最新情報
2022.05.26
最新情報

皆さんこんにちは!

映画「20歳のソウル」でチーフ助監督を務めました、俳優の宮下涼太です。

 

 

先日オープンした20歳のソウル特別展には、

市船の卒業生の方々や船橋市に在住の方々、「20歳のソウル」の出演者のファンの方々など、幅広くたくさんの方々にご来場頂いているようで大盛況とのこと!

 

そんな20歳のソウル特別展に

「20歳のソウル」の撮影でとてもお世話になった、古谷式典さんからお花を頂きました!

 

 

「20歳のソウル」では、古谷式典さんの

ゆいまき斎苑で撮影をさせて頂きました。

 

ゆいまき斎苑での撮影は全てタイアップで、

当時のスタッフの方々を集めてくださったり

祭壇も当時を再現して頂いたり

告別式のシーンで必要なありとあらゆるものを揃えて頂きました。

 

大変お世話になった古谷式典さんの中でも、

特に、ご担当の木村さんにはたくさん相談にのっていただき、大変お世話になりました。

誠にありがとうございました。

 

木村さんは、映画の中で石黒賢さん演じる『木村』役のモデルとなった方です!

是非、映画でも注目してみてくださいね!

 

 

そんな古谷式典さんからお花が届いたと聞き、昨日も20歳のソウル特別展にお伺いしてきました。

 

エレベーターを上がるとすぐに発見しました!

 

古谷式典さんから届いたお花は

大義さんのおじいちゃんから送られたお花のすぐ横に

 

『浅野大義君へ』

 

と綴られ、飾られていました。

 

 

 

撮影で多大なるご協力を頂き、1年以上経った今もお心遣いを頂いていることに

とても胸が熱くなりました。

 

入り口だけでなく、20歳のソウル特別展内にも

古谷式典さんから届いたお花が、たくさん飾られていました。

 

 

 

主催の方々も

「お花を頂き、華やかになってとてもありがたいですし、

観に来て頂いた皆様にも、とても喜んで頂いています」

と、おっしゃっていました。

 

 

本日は前夜祭。

そして明日はついに「20歳のソウル」全国公開の初日です。

 

本当にたくさんの方々に支えられ、ここまで来ることが出来ました。

「20歳のソウル」の撮影期間を振り返ると、

今日、明日という日が奇跡のような2日間に感じます。

きっとこれも、神からの贈り物なのではないかと思います。

 

一日一日を大切に。

 

映画「20歳のソウル」

是非劇場でご覧ください。

 

2022.05.25
最新情報

皆さんこんにちは!

20歳のソウルでチーフ助監督を務めました、俳優の宮下涼太です。

 

昨日、5月24日

船橋スクエア21の3階、船橋市民ギャラリーにて

ついに、20歳のソウル特別展が始まりました!!!

 

朝10時から開催されたオープニングセレモニーには、

「20歳のソウル」から

池田朱那さん、佐藤美咲さん、

原作・脚本の中井由梨子さん

監督の秋山純監督が出席されました。

 

オープニングセレモニーではテープカットや

池田さんのオープニングアナウンスに合わせた、くす玉の演出などもあり

とても華やかに行われました!

 

 

秋山監督が着用しているジャンパーは、監督の誕生日に浅野大義さんのご家族から頂いた世界に一つだけの名前入りジャンパー!

 

 

着用していたTシャツも市船吹奏楽部の定期演奏会と20歳のソウルがコラボした記念Tシャツです!

 

 

 

20歳のソウル特別展では、

撮影中に撮ったたくさんの写真やキャストの皆さんが着用した衣装、

市船吹奏楽部に関連するもの、

大義さんのおじいちゃんがやられている写輪館からお借りしたお写真など

いろんなものが飾られています!

また、訪れた方が更に楽しめるようなフォトスポットもございます!!

 

昨日も平日にもかかわらず、たくさんの方々が来てくださいました!

是非、我々が過ごした時間を皆様と共有できたら嬉しいなと思います!

 

映画「20歳のソウル」公開記念 特別展覧会!

是非お立ち寄りください!

 

 

その後、

船橋駅近くにある、

くまざわ書店シャポー船橋店と

旭屋書店船橋店に伺いました。

 

くまざわ書店シャポー船橋店では、

「20歳のソウル」をポップを用いて華やかに宣伝してくださっています!

 

 

今回は「20歳のソウル」コーナーを担当した方にはお会いできなかったのですが、

監督と中井さんのサインをポスターとパネルに記させて頂きました!

 

 

 

 

旭屋書店船橋店では、

先日、中井さんのトークショー&サイン会を開催していただいたり

昨日は何と中井さんの直筆サイン本を発見しました!

 

 

中井さんのサイン本はなかなか手に入らないと思うので

是非一度、旭屋書店船橋店にも訪れてみてください!!!

 

 

話は変わりますが、

昨日は個人的にすごく嬉しいこともありました!

なんと2名の方から

「プロダクションノート見てますよ!」

と、お声がけ頂きました!!!

 

このプロダクションノートを始めてから約4ヶ月間

監督と中井さんと毎日更新してきました。

たくさんの方々のご協力のおかげで、

「20歳のソウル」が広まってきているなと

ここ最近すごく感じております。

誠にありがとうございます。

 

明日はついに前夜祭

そして、明後日から全国公開が始まります。

 

全国のたくさんの方々にこの作品が届き、

皆様が感じていただいた「20歳のソウル」を大切にしていただけたらとても嬉しく思います。

 

 

本日もご覧頂き、誠にありがとうございました。

 

 

 

2022.05.24
最新情報

皆さんこんにちは!

「20歳のソウル」でチーフ助監督を務めました、俳優の宮下涼太です。

 

市船野球部の応援から一夜明けた昨日、

興奮冷めやまぬ僕は、ある方と船橋に降り立ちました。

 

映画「20歳のソウル」でスタイリスト助手として参加していた、橋谷拓玖さんです!

橋谷さんと向かった場所は東武百貨店船橋店で開催されている「20歳のソウル」の写真展です!

 

 

一緒に写真を見ながら、撮影当時のことを振り返りました!

 

 

 

実は、橋谷さんは元球児なんだそうです!

 

「野球応援は試合中、すごくパワーになるんだよ!」

なんて話をしてくれたり、

僕が観た市船野球部の試合のことや

スタンドでの応援についてもたくさんお話ししました!

 

昨日のプロダクションノートであげた

関東大会での「市船soul」の動画では、コロナの影響でかけ声のないものでした。

早く、大きなかけ声が出せるようになり、

全開の「市船soul」がスタンドに響き渡って欲しいなと思います!

 

 

もちろん、映画では皆さんのかけ声の入った「市船soul」を観ることができます!

是非、映画館でその迫力を味わってみてくださいね!

 

 

橋谷さんと別れた後は

少しだけ書店巡りをしました。

船橋駅のそばにある書店さんにいくつかお邪魔しましたが、

どこの書店さんでも「20歳のソウル」コーナーがありました!

 

 

どうか多くの方々に届いて欲しい

そんな思いを抱いている「20歳のソウル」をこれだけ色々な場所で盛り上げていただいていることに、本当に胸が熱くなりました。

 

 

書店巡りをした後は船橋スクエア21へ。

 

実は、本日からこちらで

『20歳のソウル特別展』が開催されます!

 

昨日は、本日から始まる『20歳のソウル特別展』の準備をお手伝いさせてもらいました!

 

 

僕がまず、お邪魔して驚いたのはその規模です!

こちらの展覧会では撮影中の様子を撮った写真だけでなく、使用していた小道具や衣装など

色々なものが展示されています!

 

もう全部お伝えしたいくらいなのですが、

皆さんの楽しみがなくなってしまうのでやめておきます!(笑)

あんなものやこんなものもあったりなんかして…

とにかく本当にすごいです!!!

 

『20歳のソウル特別展』は船橋スクエア21の3階にあります、船橋市民ギャラリーにて

本日、5月24日〜6月5日までやっております!

是非お立ち寄りください!

 

 

 

本日は船橋での「20歳のソウル」の様子をお届け致しました。

船橋でどれだけ「20歳のソウル」が注目されているのか

また、「20歳のソウル」への皆様の想いを感じることができ

本当に嬉しく思います。

 

全国公開まであと3日

26日には前夜祭もございます。

 

船橋から全国へ

そして世界までこの物語が広まりますように。

 

映画「20歳のソウル」

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

本日もご覧頂き、誠にありがとうございました。

 

2022.05.23
最新情報

皆さんこんにちは!

「20歳のソウル」でチーフ助監督を務めました、俳優の宮下涼太です。

 

 

昨日、我々「20歳のソウル」のスタッフチームは

宇都宮の清原球場にて開催されている

第74回 春季関東地区高等学校野球大会に

市船野球部の応援に行ってきました!!!

 

前日の大雨が嘘のように

僕たちが応援に行った千葉県大会同様、よく晴れた青空が広がっていました!

 

 

僕も秋山監督から頂いた、市船ソウルTシャツを着用し、準備万端です!

 

 

この関東大会では千葉県大会のときとの大きな違いがあります!

それは、スタンドでブラスバンドの野球応援ができるということです!

 

28年ぶりに千葉県大会を制した市船野球部を

この関東大会では、なんと市船吹奏楽部とダンス部も応援に来ていました!!!

 

コロナ禍もあり、市船吹奏楽部とダンス部も揃っての野球応援は実に約3年ぶり!

先生方も吹奏楽部の皆さんも気合い充分で臨んでいました!

 

 

僕たちもスタンドで初めて生のブラスバンドの野球応援を観ることができ、

そして、スタンドに響く「市船soul」を聞くことができました!!

 

動画(クリックして再生)

 

今回はコロナの影響でかけ声を出しての応援はすることはできませんでしたが

初めて聞く、スタンドでの音の圧と勢いに驚かされました!!!

 

 

残念ながら試合には負けてしまいましたが

野球部の皆さんの勇姿

そして、吹奏楽部、ダンス部、市船野球部を応援に来た皆さんの熱量を感じながら

一緒に応援させていただきました!

 

市船野球部の皆さん、本当にお疲れ様でした!!!

 

また、夏の大会でも

大空に響き渡る「市船soul」を楽しみにしています!

 

本日もご覧いただき、誠にありがとうございました!

 

 

 

2022.05.22
最新情報

皆さん、こんにちは。

中井由梨子です。

 

 

昨日、東武百貨店旭屋書店さんで「20歳のソウル」トークショーとサイン会を行わせていただきました。

 

朝から雨が降っていましたが、船橋に近づく頃に少しずつ止み、トークショーが始まる頃にはすっかりあがって晴れ間もみえていました。

 

 

天候があまりよくないにも関わらず、会場にはたくさんのお客様。

 

集まってくださり、本当にありがとうございます。

 

 

私が取材の時に作った取材ノートや、映画の脚本を構想した時に作ったプロットを、とても丁寧にガラスケースに入れて美しく飾ってくださり、それだけで胸にこみ上げるものがありました。

自分が過ごした時間を、こんな風に大切に扱ってくださる人がいるということが何より嬉しかったです。

 

そして、私のノートを眺めることで、その時間を共有してくださる皆様。

本当にありがとうございました。

 

 

40分という短い時間ではあったのですが、私が感じていることや、大義くんへの想い、映画への想いを精一杯お話させていただいたつもりです。

楽しんでいただけていれば幸いです。

 

 

トークショーのあと、サイン会もさせていただきました。

お一人お一人、いろんな状況と思いの中でこの本をお手に取って読んでくださっていることが、会話の中で伝わってきたことに胸が熱くなりました。

 

私が大義くんに励まされたように、皆様も大義くんから勇気をもらってくださったなら、本を書いた者として一番の幸せです。

 

 

サインには、お一人お一人、違うメッセージを書かせていただきました。

ご満足いただけていれば幸いです。

 

 

素晴らしい会をセッティングしてくださった東武百貨店と旭屋書店の皆様に、心から感謝申し上げます。

 

 

 

実は大きなサプライズとして。

なんと、秋山純監督が大きなお花を持って会場に来てくださいました。

いらっしゃるとは聞いていなかったので、本当にびっくりしました。

 

いただいた、大輪の花!!

 

 

誇らしく美しく咲いていて、映画「20歳のソウル」の成功を祝ってくれているようで、一層身が引き締まりました。

秋山監督、本当にありがとうございます。

 

そして!

 

今日は市船野球部関東大会!!

 

映画チームも応援に行きます。

 

 

先日、市船へ訪れた時に、野球部、ダンス部と3部活合同で応援の練習をしていました。

コロナの影響で、3年生もスタンド応援に行ったことがありません。

 

「ヒット」「得点」の時にどんな風に演奏するか、打ち合わせながら進めていました。

 

 

コロナ禍に入る前は、甲子園の名物でもあったスタンドの応援。

再び、その音色と活気が戻ったことに懐かしさを感じながら、今日の試合に胸を躍らせています。

 

動画(クリックして再生)

 

頑張れ、野球部!!

勝敗ではなく、皆さんが思う存分輝くプレーができますように。

 

 

 

映画公開まで、あと5日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022.05.21
最新情報

20歳のソウル

監督の秋山です

 

全国公開まで

あと6日

 

落ち着かない日々です

 

一人でも多くの方に

観ていただきたい

 

浅野大義くんの

生きた証を伝えたい

 

それだけを祈ります

 

昨日は

 

TOKYO FM/JFNで放送中の

秋元康先生プロデュース

「TOKYO SPEAKEASY」

(月~木25:00~26:00放送)の収録がありました

(生放送が基本なんですが、スケジュールの関係で、特別に収録していただきました)

 

 

お世話になりっぱなしの

幻冬舎

見城徹社長と

 

1時間にわたり

ノンストップで

「20歳のソウル」トーク

 

映画のワンシーン

ワンカットにまで

心を寄せてくださり

 

濃密な内容となりました

 

 

収録に着て行ったのは

GNOパーカー

 

 

見城社長の

ビジネスにおける必須の言葉

 

G 義理

N 人情

O 恩返し

 

が、刻まれた

非売品のパーカーです

 

(昨年1月、見城社長の755より)

 

見城社長には

ずっとお世話になっていますが

 

昨年5月26日には

20歳のソウル

文庫本を

出版していただきました

 

全国公開前夜祭の日で

ちょうど一年となるのですが

 

なんと

10万部を突破しています

 

多くの皆様に

20歳のソウルを

届けることが出来ました

 

(中井さん、幻冬舎にて)

 

 

見城社長の陣頭指揮のもと

 

君和田さん

武田くんを中心に

幻冬舎の皆様が

心を込めて「20歳のソウル」に

向き合ってくださいました

 

ありがとうございます

 

(左:幻冬舎、武田くん/右:みやしー)

 

 

5月25日深夜1時から

(日付的には26日未明)の

 

TOKYO SPEAKEASY

 

見城社長の

20歳のソウルへの愛情がたっぷりの

1時間のフリートーク

 

是非是非

お聴きください

 

話しながら

胸がいっぱいになる

愛があふれた

トークでした

 

見城社長

ありがとうございました

 

たくさんの方々に支えられて

 

20歳のソウル

 

まもなく全国公開です

 

 

 

今日は

東武百貨店船橋店にて

 

原作脚本の中井由梨子さんの

トークショー&サイン会

 

20歳のソウル生みの親が

熱く語ります

 

船橋市では

まもなく

20歳のソウル展が始まります

(詳細は追って)

 

 

大義くん

もう少しだね

 

空から見守ってください

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました

 

 

 

 

2022.05.20
最新情報

皆さん、こんにちは。

中井由梨子です。

 

明日21日(土)14時より、

船橋東武百貨店さんの旭屋書店さんで、講演会とサイン会をさせていただくことになりました!!

 

 

今、9万部を超えた幻冬舎文庫の「20歳のソウル」。

空を仰ぐ大義くんのポスターを使用した美しい表紙がずらっと並ぶのは圧巻です。

 

 

40名様限定だそうですが、皆さまとお会いして直接お話しできる機会がありますこと、とても感謝しています。

 

この講演会で、5年前に取材した時の取材ノートや、取材した方々からいただいた資料を見返していて、自分でも忘れていたようなたくさんの思い出が蘇ってきました。

 

高橋先生から大義くんのお母様のご連絡先をいただき、いよいよ会いに行けると知った時に、市船の渡り廊下で見た夕陽がとても美しかったこと。

愛来さんと最初に会ったときに見せてもらった大義くんのおおらかな毛筆。

大義くんのお家で遅くまでお喋りして、お夕飯をご馳走になったこと・・。

 

 

私と大義くんとで見た景色の数々を、限りある時間ではありますが、皆さんと共有できれば嬉しく思います。

 

 

今回、サイン会もさせていただきますが、それそれに、インスピレーションで違ったメッセージを書ければと思っておりますので、ぜひ皆さま、お越しください!

 

公開まであと1週間となりました!

 

大義くん

いよいよだね!!

 

2022.05.19
最新情報

皆さんこんにちは!

「20歳のソウル」でチーフ助監督を務めました、俳優の宮下涼太です。

 

 

最近、TwitterなどのSNSで船橋市を中心として、千葉県の映画館や書店で「20歳のソウル」が盛り上がっているのを目にします!

 

僕はふと思いました。

「他の場所はどうなんだろう?」

 

そんなわけで僕は小さな小さな旅に出ました。

その名も

 

『20歳のソウルを探そうの旅』

 

場所は

眠らない街”新宿”

(旅に出たのは昼間です。)

 

 

まず僕が訪れたのはこちら

 

 

紀伊國屋書店新宿本店です!

地下1階から8階までの本館と別館からなり、売り場面積はなんと1500坪(HP情報です)

4階には歴史ある素敵な劇場もあり、数多の芸術家に愛されているであろう

紀伊國屋書店で「20歳のソウル」を探すことにしました!

 

改装工事中のため階段を登り4階へ。

 

「4階…市船の音楽室のある階だ。

撮影中何往復もしたなぁ」

 

なんてことを考えていました。

 

そして4階に着くと…

 

 

ありました!!!

「20歳のソウル」の文庫本!!!

しかもなんと映画のチラシにポスターまで!!!

 

 

なんと、一番最初にお配りしていた

見開きA3サイズのチラシも置いてありました!!

劇場でお配りしているのは新しいB5サイズのチラシです。

見開きA3サイズのチラシをまだお持ちでない方は是非ゲットしてくださいね!

 

僕も新しい表紙と帯の文庫本を購入しました!

 

 

 

続いて、僕が訪れた場所はこちら!

 

 

TOHOシネマズ新宿です!

こちらで「20歳のソウル」を探してみます。

 

まず、入って目についたのはチラシ置き場。

いろんな映画のチラシが並ぶ中にありました!

「20歳のソウル」のチラシです!

 

 

いたって冷静を装いましたが、心の中ではテンション爆上がりです!(笑)

 

 

奥まで進むと巨大な液晶を発見しました!

そこにはいろんな映画の予告が流れていました。

 

 

「まさか…!」

 

 

巨大な液晶の前で待つこと約15分!

ついに僕は「20歳のソウル」の予告を発見しました!!!

 

気づいたら僕はiPhoneのカメラを構えていました!

こんなに嬉しいことはありません!!!

 

 

 

きっと、何もせずに15分間ぼーっと巨大な液晶を眺めていた僕は

ちょっぴり危ない人に見えていたかもしれません…(笑)

 

それでも映画館にある巨大な液晶で「20歳のソウル」の予告が観られるなんて、

本当に本当に嬉しかったです。

 

 

映画館で販売しているムビチケも購入し、

クリアファイルもゲットしました!

 

 

このクリアファイルの中には

バッテンを付けられた『市船soul』の楽譜も入っています!

なぜバッテンが付いた楽譜なのかわからない方!

是非、映画を観てください!

 

もちろんわかる方も観てくださいね!(笑)

 

 

船橋市、そして千葉県内で大盛り上がりの「20歳のソウル」ですが

全国に広まってきています。

これも、想いを寄せてくださる皆様や

日活宣伝部の方々のおかげです。

誠にありがとうございます。

 

公開まであと8日。

更に、たくさんの方々にこの物語が届きますように!

 

 

響け、市船soul!

届け、20歳のソウル!

 

2022.05.18
最新情報

皆さん、こんにちは。

中井由梨子です。

 

 

大義くんが闘病生活を送っていた時、大きな心の支えとなっていたのが愛来さんの存在でした。

私が初めて彼女とお会いしたのは、ちょうど5年前の5月でした。

 

 

「大義のことならいくらでもお話できます。まだまだ聞いてもらいたいことがあるんです」

 

 

初めて出会った時の愛来さんの言葉が、私の心を突き動かしました。

 

「私が大義のことを書こうと思っていました。だけど中井さんが現れてくれたから、お任せします。必ず書いてください」

 

映画公開に向けて、たくさんのメディアの方々から取材していただき、私も5年前に作っていた取材ノートなどを読み返す機会に恵まれました。

 

そしてあの頃、愛来さんが見せてくださった大義くんとの数々の思い出が、本や映画の礎になっていると強く感じました。

 

 

 

2021年の3月。

 

映画のクランクイン前にお会いした福本莉子さんの印象は、少しボーイッシュで炭酸水のように透明で爽やかな女性。

 

「原作を読みました」

 

私に感想を伝えてくれるまっすぐな眼差し。

 

あの日の愛来さんの瞳と被りました。

 

 

撮影が始まったある日、撮影が進行していたころのことです。

 

現場から離れた場所で作業をしていた私は、演出部だったまりんちゃんから電話を受けました。

 

 

「福本さんが中井さんとお話したいことがあるそうです」

 

 

驚いて電話を受けると、莉子さんは台本の1シーンで、原作と描き方が違うところがある。その意図を聞きたいと仰いました。

 

私がお話すると、とても真剣に言葉を聞き「分かりました、ありがとうございます」と静かに、けれどしっかりとした声で答えて電話を切りました。

 

電話を切った後、私はじんわりとした嬉しさに包まれていました。

 

本と真剣に向き合う俳優さんに演じていただけること。

作家にとって、何より嬉しいことです。

 

 

優しくて美しい。そして、しなやかな強さを持っている愛来さん。

莉子さんにも、同じ魅力を感じずにはいられませんでした。

 

 

 

保管していた資料の中から脚本の「検討稿」が出てきて、そのメモ欄には、秋山監督との本打ち合わせでのメモがびっしり書かれていました。

 

自分ではすっかり忘れてしまっていましたが、現在の完成稿ができるまでに、自分なりに格闘している様子が良く分かります。

 

 

 

5年前の取材メモには、愛来さんが教えてくれた「夢」のお話もメモしてありました。

 

大義さんが亡くなってから2週間ほど後のこと。

 

愛来さんは夢を見たそうです。

大義さんが笑っている夢でした。

 

 

「月を見て」

 

 

そう言われて目が覚めたそうです。

まだ夜中で、愛来さんは窓を開けて月を見上げました。

 

満月でした。

ピンクムーンと呼ばれる4月の満月。

見ると「幸せになる」と言われている月です。

 

幸せになってね。

大義くんがそう伝えたかったのかな。

 

そう話しながら、一緒に泣いたことも、思い出しました。

 

 

2017年5月のスケジュール帳を見返していて、私は手を止めました。

 

『5月26日。13時。大義くんのお家へ(お花を買う)』

 

5月26日。

私が初めて大義くんのお母様にお会いした日です。

 

あの日から4年後の5月26日。

幻冬舎さんから、文庫本の発売がスタートしました。

 

そして、あの日からちょうど5年後の5月26日。

私達は日比谷の劇場で、映画の公開前夜祭を迎えます。

 

 

 

出会いは偶然ではなく、すべて必然である。

私はそう信じています。

 

 

 

 

2022.05.17
最新情報

皆さん、こんにちは。

中井由梨子です。

 

昨日は最後のマスコミ試写。

たくさんの方々が来てくださいました!

 

マスコミの方々に加え、映画関係者、そして大義くんのお友達まで。心温まる試写でした。

 

市船の吹劇の振付・演出を手掛け、なんと、映画にワンシーン出演されている三森渚さんもご来場いただき、感想くださいました!

 

 

一部抜粋してお届けします。

 

あの頃の音楽室、先生の部屋、ヨサコイの屋上練習…大義がいた時間に引き戻されました。

 

私はずっと、なぜあの時の吹劇が「生ききる」だったのか、どこか罪悪感さえ感じていました。あんな状態であの吹劇をみた大義の気持ちはどんなものだったんだろう…。悔しかったかな、悲しかったかな、押し付けがましくはなかっただろうか。

大義に聞きたくても会えず、心の中で聞いても返事はもらえず、宙ぶらりんの気持ちのまま、大義を想うたびに少しチクチク傷んでいました。

それが、今日なんだか晴れた気がします。神尾楓珠くんの爽やかな笑顔に救われた気がしました。「渚先生、俺がそんな心の狭い弱っちぃ人間に見えますか!」ってサラッと笑い飛ばされた気がしました。

 

私も、神様からの贈り物である今日をしっかり生ききりたいと思います。

 

 

 

先生の作られた吹劇「ひこうき雲〜生ききる〜」に大義くんは勇気づけられたと私は信じます。

 

 

そして、市船野球部の監督役として出演くださった俳優の友秋さんからも嬉しい感想が届きました!

 

 

僕はプロ野球のチャンステーマや高校野球の応援歌を動画で見聞きするのが大好きです。聞いていると涙が出てくるくらい身震いがして、自分を奮い立たせてくれるからです。

自分が野球好きだからか、何でだろうと思ってたんですが今日わかった気がします。それはプロ野球も高校野球も大きな声で応援している人たちにそれぞれ魂があって、それぞれの人生があって、それを見ることによって自分の中にある魂に気が付かせてくれてるんだなと。でも大人になっていくにつれ、気が付かないうちに魂ってどんどん埋もれちゃうんですかね。

今日大義さんを通して、高校野球をがむしゃらにデカい声でやっていた頃の自分を思い出して、その時の魂がグッと出てきた感じがして、心の奥に眠っていたものが出てきて、それを叫びたくなるような自分を奮い立たせるような形で涙となって溢れてきました。僕にとって20歳のソウルは戻る場所になりそうです。

それが大義さんの生きた証を知って、僕が感じた魂です。

 

 

 

ご覧になった方お一人お一人の中にそれぞれの「20歳のソウル」が生まれます。

 

 

公開まであと10日!!!

 

 

©2022「20歳のソウル」製作委員会